FF13クリアしましたー雑感とか感想とか

===戯言===
 というわけでFF13クリアしました!
 巷ではあーだこーだ言われてますが、うん。
 これは人を選びますわ…w

 ざっと雑感とか書いてみますが、極力核心的なネタバレは伏せる感じで。
 購入参考とかのために、2ch等のコピペにコメントをつけるとしたら、

○マップが一本道。歩くザコ歩くボスの繰り返し
 序盤は確かにそうですが、話題の11章から広大なフィールドや沢山のミッションが受けられるようになります。ラスボスより強い敵もうようよ。FF13はここからが本番
○戦闘が連打ゲー
 ロール(ジョブ、というか「さくせん」みたいなもの)を切り替えられるようになってからが本番
 ただしザコ敵は確かに固くて長期戦で鬱陶しいと感じる人はいるかも。ボス戦はギリギリの駆け引きがあってかなり楽しい
○全滅しても戦闘からやり直しのゆとり仕様
 むしろこのリスタート方式じゃなかったら投げてる
 今回「逃げる」がないのでその代わりだと思う
○ムービーゲー
 確かに長いし合間合間に挟まれますが、最初から飛ばせます
 というかやっぱ映像は凄い。召喚獣のトランスフォーマーぶりは必見!!!

 こんな感じでしょうか。
 まあ正直このゲーム、いいところも悪いところも多くて…。
 さてお次は各要素ずつコメントとか。

○ストーリー&キャラクター
 超絶ご都合主義。この言葉に拒否反応を覚える人はレッツリターン。
 またキャラクターも見ようによっては(あえて口汚く書くと)馬鹿・糞餓鬼・ウザい子娘キャラと、これまた合わない人も多し。
 今回はライトニングらPTメンバー全員が主人公な感じの群像劇風味で、どこに感情移入したらいいか迷う人もいるそうな。
 ここら辺は完全好みのお話です。
 で、基本的にムービー内の話は、メニューのあらすじ――というかテキストシナリオの、いいところを映像化してる感じ。ぶっちゃけムービーだけじゃ意味不明な部分も多く。
 これはちょっとゲームどころか、ムービーゲーとしてもどうかな、と思わなくない。ルシとかファルシとか用語多用で分かりづらいようでいて、シナリオ読めば実は結構シンプルだったり。
 内容も、いいこと言ってるシーンやかっこいいシーンもあるのだけど、間間であるべき絆を深めるイベントがあまりないので「勝手に騒いで勝手に事後解決」という感じがしたのは残念。召喚獣はいいファクターだと思いましたけどねー。
 ただ、9章ラストから主人公達の真の使命と敵の正体が明かされ、10章のシドの熱い展開、11章突入の神っぷりは本当に良かった! ここら辺が評価的にもピークでした。
 エンディングは…うん。嫌いじゃない。でも投げっぱなしジャーマンだよねこれ…。

○バトル
 かなり面白い!!!
 自分はメガテンとか大好きなマゾゲーマーなので、この無茶な難易度は逆に良かった。
 序盤は連打ゲーですが、オーディン登場あたりから敵の攻撃が理不尽になってきて、相手のパターン読んでオプティマ駆使するとかかなり頭使って楽しかったです。
 しかし周りのステータスとか見てみると、自分はザコ戦闘回避しまくってたので余慶にキツくなってただけなそうな。そうだよね、ザコの通常攻撃2連で全滅とかおかしいよね。
 ぶっちゃけこのバトルシステムがなければこのゲーム投げてましたw

○音楽
 かなりいい。戦闘曲が神。
 が、あの系等の曲はあれだけしかなかったのは残念。ラスボスも、どちらかというと盛り上げるだけの曲でした。
 ああいう映画のBGMみたいな音楽はあまり好みではないので…もっとメロディ押し出してもいいじゃない!
 でもサンレス水郷のマップ曲はずっと聴いていたい。軽快なメインテーマのアレンジに女性のコーラス。素敵。

○ステータス・武器改造・アイテム
 これが結構は不満。クリスタリウムは結局クリアまでデフォルトの3つを伸ばすしかない。が、他のも併用できるとバランスブレイクするから仕方ないかも。妥協。
 かなり不満なのは武器・アクセサリ改造。意味がわからない。お金か、もしくは換金ドロッムアイテムをもっと沢山常時用意すべきだった。特定のパートでしか出ない換金チップて。
 お金がないのでアイテムが買えなく、状態異常が回復できなくて全滅したときは流石にピキっと。戦闘補佐アイテムも、すぐに買えると思って序盤で使い切って、ようやくショップに並んだのは終盤の終盤・それも超硬貨だったときは吹いた。
 というかステータスに体力・力・魔力しか本当に無い気がします。隠しステとかではなく。これについては後述。

○やりこみ
 クリア後があるみたい。ミッションは60ぐらいあるんだったか。
 アダマンタイマイとか色々ありえないw
 ステータス系もまあ果ては遠い感じ。やらないけど。

 こんな感じでしょうか。
 先ほども書きましたが、この作品は良い部分と悪い部分が多すぎる…。
 なのでいくつかでも合わないものがあると、一気にクソゲー化してしまうのも無理はないです。
 さて最後に全体の雑感。

 もう映画を作りなさい(笑
 これはよく言われるムービーゲーの比喩ではなく、作品を通して伝わってきた感想です。
 「ゲーム」を作ってFFの名前を関する以上ゲームを省くわけにはいかないから、頑張って作って結構面白い物が出来てる今回のバトルシステム。
 が、それを繋ぐフィールドやゲームバランスやシナリオがあまりにもおざなり。クリアには35時間かかりましたが大半が戦闘です。
 ザコ戦闘でボリュームを増やしているとしか思えない。バランスも無茶があり、ラスダンより前々章の敵の方が獲得経験値多いとかアホか。
 11章で広がった世界も一気に尻すぼみですし。従来のゲームなら2・3割くらいの「序盤」が、このゲームだと6割くらいを占めてるようでした。いやだってPT全員集合がもうゲームの半分超えてるし…。
 ただまあ、これが今のスクエニがやりたいFFなんだろうな、と思わなくもないです。

 でも良い部分もあります。前述の9章ラストから11章とか。各召喚獣前後のイベントとか。
 バトルも楽しいし、奇麗事並べてるだけで勢い・ご都合主義のようにみえるシナリオの嫌いじゃない。ホープはたくましくなった。
 でもやっぱり詰めと間接が甘く、大満足と言えないのが問題か。好きなんですけどねー。

 まあ元々「我々が求める『FF新作』というプレッシャーを上回る作品が出るのはありえない」と思って購入したので、こんなものかなと。
 無理なんですよ、元々神ゲーなのにさらに思い出補正のかかったゲームを超えるなんて。そういう意味ではFFスタッフお疲れ様、頑張った。
 でもやっぱり、そういうFF抜きにしても微妙な部分が多かったです。FF12ほどじゃないですがw
 そんな感じで。おそらくこれから世間的に叩かれて、過剰な出荷でワゴン行きも目に見えますが、嫌いになれない作品だなーという感じでした。
 40時間近く夢中になれたのだから、それだけのものではあったかな、と。

 さてここからはゲーム本編にも踏み込んだ愚痴とか。ネタバレあるよー。
 まず先ほど終えたばかりのラスボス戦ふ ざ け ん な。ランダムで確立即死って何だ。6割防御つけてても一回死んだぞ!
 あと攻撃・魔法・両方がまったく行動不能になるステータス追加した奴爆発しろ。普通にイラっときた。
 まあラスボス後半になってから、大ダメージ全体攻撃におびえつつブレイク溜めるのは楽しかったです。二戦目はほぼイベントですが、ゲームシステムをつかった演出で良し。
 ちなみに一番苦労したボスはブラウド・クラッド。こいつは本当に投げ出そうかと思いましたw
 一戦目はエンハンサーの補助でブレイクさせずにちまちま攻撃し続けて削りきりましたが、半ば理不尽な二戦目はかなり苦労しました…リミッター解除すな。ブレイクゲージ戻すな。
 それでもファルシ=ダハーカとラスボスには、タワーのCP稼ぎが無ければ勝てる気しませんでしたが。
 召喚獣は戦略立ててギリギリ食い込む感じが面白かったです。ヘカトンケイル戦はPTの糞っぷりにかなり苦労しましたが…ここらへんはtwitterのログを参照(ぉ
 というかヴァニラ・サッズのコンビはホント勘弁して…。
 でも全滅POSTを沢山してましたが、それでも詰まったボスってのはこれらとダハーカくらい。大半はザコ戦ですな。
 ミッションクリアで過去編が記述された断章が閲覧できるみたいですが、流石にコンプする勇気なし。しんどい。
 アダマンタイマイもデス狩りできるらしいじゃないですか…あのでっかい巨人とも戦えないみたいじゃないですか…。
 うーん、良く考えたらものすごいやっつけだなあFF13!!!!
 ただまあ11章の開放感はすさまじいので、あれがデフォルトなFF14に期待しておきます(えー

カテゴリーInfo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。